妊娠中におすすめな栄養と便利な摂り方

妊娠初期に摂取することを推奨される栄養素には葉酸がありますが、これは初期だけでなく、妊娠中や授乳中にも良い栄養素です。葉酸は摂取することで正常な細胞分裂を促す効果があるので妊娠初期の胎児の異常を防ぐことが可能だとされていますが、効果はそれだけでなく悪性貧血を防ぐことも出来ます。貧血予防というと鉄分は有名ですが、貧血は濃い薄いの様な血の比重の問題ではなく、赤血球の異常による悪性貧血も多く起こります。そのため胎児に血液を通して栄養を送る妊娠中は、葉酸を積極的に摂取すると良いのです。
そこで葉酸の摂取法として有名なのがサプリメントの使用です。実際に厚生労働省でも妊娠初期にはサプリメントからの摂取を推奨しているほどなのですが、これは葉酸は水溶性のビタミンで水に溶けやすく熱に弱い性質を持っているから普段の食事からは推奨摂取量の摂取が難しいからと考えられます。しかし中にはサプリメントではなく日々の生活からの摂取を目指す人もいると思います。その際のおすすめな摂取方法としてスープがあります。
スープは具材だけでなく汁ごと飲み干すことが出来るので、汁に溶け出した葉酸を余すことなく身体に入れることが出来ます。葉酸は野菜に多く含まれており、特にブロッコリーやカボチャなどスープにしやすい具材に葉酸が多く含まれていることが多いので、スープのレパートリーを増やすことが出来ます。またこの方法のおすすめな理由として離乳食の時にレパートリーがおのずと増えるという便利さがあります。
離乳食で悩むことと言えば、似たような食事内容になることがあります。離乳食では食べる練習がメインになるため、レパートリーにこだわらなくても、と考える人もいるかもしれませんが、離乳食から乳児食になるラインではやはりレパートリーが多いとそれだけ子どもも喜びますし、同じスープでも子どもは薄味、大人は大人用の味付けにもしやすいです。そのため子どもが産まれる前にスープだけでもレパートリーを増やしておくことで、後の離乳食や乳児食で悩むことも少なくなります。
業務用のデザートを仕入れてストックしておくといいでしょう。
妊娠中は子どものことを考え、バランスの良い栄養の摂り方のできる食事を心掛けることは大切ですが、その中でも葉酸という子どもにもお母さんにも大切な栄養を摂ることは特に重要になります。しかし妊娠中は些細なことでもストレスになることもありますので、食事からの摂取を考えることがあまりにもストレスになるようであればたまにはサプリメントを使用し、自分に楽をしてあげることもまた同じように大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です