妊娠中には栄養を不足させないような工夫が必要

少子化問題などとは裏腹に、多くの女性が妊娠を望む傾向にありますし実際に経験もしています。その際の悩ましい問題は栄養が不足しがちになるということです。元々体調が変化しやすい女性の体は妊娠をすることで更に体調が変化しやすくなります。このことが原因で食欲が低下したり思うように食べ物が食べられなかったりということもありますが、お腹の赤ちゃんに栄養を送らなければならないと思って無理に食べようとすると更に体調を崩すことにも繋がりますので無理は禁物です。

妊娠初期の食欲低下の原因は主につわりです。つわりの症状が落ち着いてくると食欲が戻ってきますので辛い時期には必要最低限の食事に留めておくのも1つの手段です。最低限の食事と聞くとお腹の赤ちゃんのことが気になる人が多いですが、妊娠初期では胎盤を通して栄養を摂取しているわけではないのでむしろ自身の体調管理に重点を置いた方が良いと言えます。また、つわりなどの症状は十人十色ですので短期間で治まる人もいれば長期間続く人もいます。体調が優れない時期が長く続くと栄養不足に陥る可能性が高くなりますので、その際には病院で点滴を打ってもらったり鉄剤を投与してもらうと良いでしょう。食の好みが変化することもあり自分自身が驚くこともありますが、必要な栄養素を摂取しようとしているだけなので食べないほうが良いものでなければ問題ありません。

妊娠中期に入ると安定期になり様々な辛い症状から解放されて食欲が戻ってきます。このとき、好きなものを好きなだけ食べるのは好ましくありません。バランス良く様々な食材を摂取できるように献立を工夫することを心掛けましょう。産婦人科でアドバイスをもらったりインターネットで情報を仕入れたりすると良いのではないでしょうか。妊娠後期に入ってくると再びつわりなどの症状に悩まされるようになります。初期とは違ってお腹の赤ちゃんにもしっかりと栄養を送る必要がありますが、やはり思うように食事ができないことが多いのが特徴とも言えます。できるだけ1度の食事でしっかりと必要なものを摂取できるように時間をかけてでも工夫することが大切です。社会全体の美意識の強まりを背景に妊娠全体を通してカロリーの過剰摂取を気にする傾向も強まっていますが、妊娠中の食事は出産後の回復にも直結する大切なものです。女性はもちろん、男性も勉強をして知識でサポートするような関係が望ましいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です