妊娠中の栄養は葉酸やカルシウムの栄養素が

妊娠中の栄養で大事な成分が、葉酸やカルシウム、亜鉛や鉄分です。

葉酸はブロッコリーやほうれんそうのような、緑の野菜に豊富に入っています。
新しい細胞が生まれる妊娠初期にとって、大切な栄養素になります。

神経管閉鎖障害を防ぐために、

妊娠中に摂取してもらいたい栄養です。
たんぱく質が再構成されるときに、葉酸は役に立ち赤血球を作る働きもあるので貧血を防ぎます。
血液のなかの、ホモシステインは動脈硬化になりやすいですが、葉酸はホモシステインの濃度を下げてくれます。

妊娠中にカルシウムがたりないと、赤ちゃんが生まれたあとに骨密度が低下したり歯周病になりやすくなったりします。

赤ちゃんの骨や歯まで影響があります。

自律神経が乱れていらいらしたり、血行が悪くなり肩こりや冷え性になります。
カルシウムが豊富な食品は、牛乳やヨーグルトの乳製品、豆腐やあげのような大豆食品、煮干しやほしえびにも栄養素がはいっています。

亜鉛は、胎児の細胞分裂に深い関係があり、不足すると発達に影響があります。
亜鉛が多く含まれているのが、牡蠣、豚レバー、牛肉、チーズです。
野菜をたっぷりとっていても、亜鉛が不足する妊婦さんが多いので注意が必要です。

鉄分は、貧血予防に必要な栄養素

で妊婦さんにしっかりとってもらいたい成分です。
鉄分が多い食品は、レバー、ほうれんそう、プルーン、あさり、のり、ひじき、切り干し大根、干しぶどうです。
レバーやほうれんそうは苦手な方が多いので、干しブドウやプルーンが人気です。
しかし、糖分を使っている商品が多いので食べ過ぎには注意しましょう。
業務用米を大量に仕入れてしまうと、エネルギー過多になるリスクがあります。

鉄分の吸収を良くしてくれる栄養素が、ビタミンcです。
小松菜、ブロッコリー、キャベツ、いちご、オレンジ、メロン、さつまいもに多く含まれています。

サプリメントで、栄養素を補給する方法もあります。
できるだけ食事面でも、バランスよくとることを実践しましょう。
1日の摂取量の上限を守って、飲むと安心です。
アレルギーや持病がある方も、医師に相談してからスタートすることが大切です。

質がいい睡眠も、栄養素の吸収をアップしてくれる効果があります。
夜は早めに寝るようにして、テレビやパソコン、スマホは寝る前の1時間は避けましょう。
静かな音楽を聴いたり、読書をして過ごすと、心が落ち着きます。
寝室の温度や、パジャマにも気を配ることが大切です。
寝る前に、深呼吸や腹式呼吸をすると自律神経が安定します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です