夫婦二人で妊娠するために栄養や生活習慣を見直そう

妊娠を望んでいるのになかなか授かることができない女性が年々増加しています。不妊で悩む女性の数は先進国で日本が一番多いとのデータも出ています。原因はやはり不規則な生活習慣、食生活や睡眠時間の乱れ、仕事のストレスなど様々な原因が考えられます。女性の社会進出により男性同様生活習慣が乱れてしまいがちです。少子化や出生体重の低い赤ちゃんの増加といった問題にも発展しています。一方で男性の不妊も増加しています。現代は従来に比べて野菜の栄養価も低く、飽食な世の中なのに栄養不足ともいわれています。そのため、精子の数の減少や精子の奇形など男性の体にも異変が起こってしまっています。それは全てお母さんの、お父さんの体が赤ちゃんを迎える用意ができているかどうかに尽きます。栄養豊富な業務用豆腐を仕入れて食べるのも効くかもしれないですが。。

妊娠期間中はお母さんの栄養状態や精神状態が重要になってきますが、妊娠前の授かるかどうかというのは夫婦二人の問題です。病院での辛い不妊治療を乗り越え、高齢出産をしたというケースもありますが、不妊治療は身体的にも精神的にも辛く挫折する人が多いのが事実です。そのような経験をしなくても自然な妊娠をするにはお母さんは赤ちゃんが育ちやすい温かい環境を、お父さんは卵子まで元気にたどり着くことができる元気な精子を作ることが重要です。不妊治療を考える前に自分たちの生活を見直してみてはいかがでしょうか。タバコや飲酒、し好品などの見直しから睡眠時間、基礎体温を記録につけることもオススメです。ただし、夫婦で楽しんで記録することがポイントです。ネガティブな気持ちで行うことはストレスになり、赤ちゃんを授かりにくくなってしまうからです。

そして一番重要なのは十分な栄養が取れているかどうかです。なかなか食事だけでは必要な栄養素を摂取することは不可能です。そこで食事にプラスしてサプリメントで足りない栄養を補うことが重要になります。最近妊娠にまつわる様々なサプリメントが販売されています。やはりそれだけ授かれるか、ちゃんとお腹で赤ちゃんを育てられるか不安を感じる夫婦が多いということが伺えます。また生まれるなら五体満足に生んであげたいというパパ、ママの愛情の表れでもあります。家族が増えることに対して不安に感じるよりも幸せを感じたほうがいいに決まっています。そのためにも妊娠を考え始めたら、夫婦で赤ちゃんを迎えるための体作りから始めることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です