妊娠に葉酸が必要な栄養の理由と貧血予防について

妊娠をすると女性の体は大きく変化していきます。10カ月という期間になかで子宮で胎児を育てていくのですから、大きく変わっていって当然ですし、またその中必要な栄養素というのもあります。とくに妊娠初期に必要な栄養素にカルシウムと葉酸があります。カルシウムは自分の身体から胎児に使われるので、妊婦が不足しがちになってしまうので補う必要があります。そしてなぜ葉酸が必要なのかといえば、妊娠初期に葉酸が不足することによって、胎児の神経系統に障害がでてしまう可能性があるからです。とくに神経系統は妊娠初期から作られるので、妊娠初期には不足しないように摂取していくことが望ましいです。妊娠してからあわてて摂取するというより、妊娠するまえから実は摂取しておいたほうがいいとわれる栄養素の一つです。

葉酸のほかの役割は妊婦の体にも有効ということが上げられます。妊婦は妊娠をすることで貧血になる人も多いですが、貧血予防になったり免疫力のアップ、細胞の修復や合成、がん予防などにも効果を発揮することがわかっているので、きちんと摂取していくことが望ましいです。ただ、いくら葉酸がいいからといって過剰に摂取しすぎるのも副作用がでてしまう可能性があります。ですから1日の摂取量をきちんと守っていくということが最も大切なことです。
妊婦の場合、定期的な検査が産婦人科で行われていくので、医師によく相談してから摂取していくことが望ましいです。

葉酸の摂取量は制限がありますが、それを食事で取るというのは大変です。
業務用の惣菜を仕入れて足しにすることもできますが、日々そればかり気にしている生活はかえってストレスにもなるので、サプリメントで摂取していくのも1つの方法です。サプリメントは錠剤になっているものが多いですし、毎日きちんと摂取できるという手軽さもあるので、とても便利です。ただサプリメントといってもいろいろなメーカーからだされているので、どれを選んでいいかわからないという人も多いです。そんなときは、日本製のものを選ぶということや含有量が多いものを選ぶのがいいでしょう。また表記をよく読んで添加物などが少ないものがいいです。
10カ月もの間、妊婦はさまざまな身体の変化があり、精神的にも肉体的にもストレスを感じることがありますが、あまりにも神経質になりすぎるのも、よくありません。きちんと栄養のバランスをとりながら、リラックスできる生活をおくることも大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です