妊娠して妊婦さんが積極的に摂りたい栄養

妊娠は女性にとって大きな喜びであり、人生で最も大きなターニングポイントです。最近では、女性の高学歴や社会進出が活発になり結婚年齢も出産年齢も高くなっている傾向にあります。そのため、結婚をしたらすぐに子供が欲しいという夫婦が増えています。しかし、なかなか授かることが出来ず不妊治療の末やっと新しい命を授かることが出来たという人も多いのが現状です。

妊娠をして妊婦になったからといっても完全に赤ちゃんが健康に生まれてくるとは限りません。赤ちゃんは、ママのお腹で時間をかけてゆっくり成長していって9ヶ月頃から10ヶ頃にかけてやっとこの世に誕生します。妊娠してただなんとなく過ごしていくのではなく、ママもお腹の中の赤ちゃんを意識しながら生活していかなければなりません。妊婦さんの中には、ものすごいつわりの症状が出る人と全くつわりの症状がない人と様々な妊婦さんがいます。どちらも、お腹の赤ちゃんには特に違いはないです。つわりがない人は、妊娠前の普段通り生活ができるため今まで野菜や魚よりも肉中心の食生活を送っていた人は今まで通り好きなものだけ食べてしまう傾向にあります。栄養のバランスが偏ってしまうと少なからず赤ちゃんに影響してしまいます。日頃からバランスの良い食生活は大切ですが、妊娠して新しい命がお腹にやどったからには大切な赤ちゃんに栄養を与える意味でもしっかりとバランスの良い食生活を心がけるようにすることが大切です。

妊娠が分かったら肉ばかりでなくDHCの栄養素が多く含まれる魚中心の生活に切り替えビタミンが含まれた野菜も積極的に取り入れる努力をすることをお勧めします。また、妊娠初期はお腹の赤ちゃんが神経系の組織を作り始める時期でもあるため赤ちゃんの健康を手助けする葉酸という栄養素が必要とされています。そのため、妊娠初期には特に葉酸は積極的に摂ることが大切です。しかし、初期はつわりのある人はつわりが出やすい時期であるためその影響でなかなか思うように十分な食事を摂ることが出来ない人が多いため十分な栄養素がとれません。そんな時は、薬局やネットショッピングでも気軽に葉酸サプリメントを購入することができるので葉酸サプリメントを飲むことをお勧めします。種類も豊富で、同時にビタミンやカルシウムも含まれているサプリもあるため気軽に栄養素を取り入れることができるためお勧めです。することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です