厚生労働省が妊娠中に摂取したい栄養素として葉酸を推奨

厚生労働省は、妊娠を計画している女性、妊娠中の女性に葉酸の摂取をするよう呼び掛けています。厚生労働省が推奨する一日に必要な目安は400μg(0.4mg)です。葉酸は妊娠初期の赤ちゃんが発症することがある神経管閉鎖障害の発症率を減らすとの報告もあり、健全な赤ちゃんを産むために必要な栄養素とされており、妊娠中は胎児の正常な成長のために普段の二倍も必要であるとされています。特に妊娠計画中(妊娠一か月前)から妊娠初期である妊娠3か月目までは、毎日400μgを、サプリで摂取するように厚生労働省が推奨しています。これは、つわりが酷く食事を出来なくなってしまう人でもサプリなら確実に栄養を摂れる様にして、栄養不足による病状の発症リスクを抑えるためです。

葉酸は胎児の成長に欠かせない栄養なので妊婦になったことがわかってからの摂取でも遅くはありませんし、お母さんの貧血予防にも効果がありますので、気にし過ぎて過剰摂取にならないように気を付けながら一日の目安を摂取できるといいでしょう。また、造血効果があるので血液から作られている母乳の質や量にも影響がありますし、傷ついた細胞を新しく生まれ変わらせる効果によって、出産時にダメージを追った子宮の治りが早く、体力の回復もスムーズなことが多いです。しかし多く取り過ぎてしまうと、食欲不振やむくみ、吐き気、不眠症などが引き起こされてしまったり、発熱に伴うじんましんなどの症状が出てしまうこともあるので取り過ぎには注意が必要ですし、過剰に摂取し過ぎてしまった場合、お腹の赤ちゃんにも影響が出てきてしまいます。1日に1000μg以上は取らないようにしましょう。

葉酸は、イチゴやホウレンソウに多く含まれていますが、食事だけで摂取するのは大変な栄養素です。なぜなら熱に弱く調理すると破壊されてしまい、体に吸収されにくいために、普段の倍も摂取するのは困難です。栄養補助食品であるサプリメントを利用しての摂取を推奨されているのは、サプリメントにすることで吸収されやすくなり、調理も必要とされていないために破壊はされません。サプリメントの中には、ほかにもビタミンやミネラルが含まれているものもあります。特に葉酸と同時接種することで効果を高めてくれる働きをするビタミンB12や、お腹の赤ちゃんに優先的にあげてしまうために不足しがちになる鉄分やミネラルなどもバランスよく配合されているものを選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です