妊娠中の食事は栄養をしっかり考えよう

妊娠初期は多くの人がつわりに悩まされます。つわりにも様々な種類があり、人それぞれ症状が異なりますが、多くの人が経験するといわれているのが胃もたれや吐き気を伴う不快症状です。いつ頃から始まりいつ頃終わるのかというのには個人差があるため、この不快症状がいつまで続くのかということに心身ともに疲れてしまう人も少なくはありません。この時期の赤ちゃんは母体が予め蓄えていた栄養を貰って成長します。そのため無理に栄養を考えた食事をとる必要はありません。一番大切なのは母体の健康です。人によっては食事はおろか水分すらもとれないという人もいます。そうなっては赤ちゃんどころかお母さんの命の方が危険です。食べたい物を食べられるときにというのを基本として、つわりと上手に付き合っていく必要があります。

無事につわりが終わると、今度はその反動もあり食欲が増す時期に入ります。
業務用の精肉店から肉を仕入れたい気持ちになるかもしれません。妊娠中期にはつわりから解放される人が多く、普通に食事を楽しめるようになることから体重が著しく増加してしまう傾向にあります。赤ちゃんの成長のためにもしっかり食べなければならないという考えはもう古いのです。
妊娠中にどれだけ体重が増えてもいいのかというのはその人のBMI値によって違います。大体どれくらいの体重増加が目安となるのかはきちんと担当医師から指導してもらいましょう。

妊娠中の食事で大切なのは量というよりはその内容です。栄養バランスが偏らないようきちんとメニューを考える必要があります。赤ちゃんが成長していくにつれてお腹もどんどん大きくなり、お母さんが食べたものが赤ちゃんにダイレクトに伝わるようになっていきます。食欲に任せて甘い物や脂っこいものばかり食べていては赤ちゃんに悪影響を及ぼしかねません。それだけではなく、母体に脂肪がつきすぎることによって難産を招く恐れもあります。妊娠中というのはお腹の中の赤ちゃんを労わる必要があるため過度な運動は禁止されています。つまり妊娠していなかった頃に比べて消費エネルギーが減ってしまうのです。そのため食事に注意しなければあっという間に体重が増加し、産道に脂肪がついてしまいます。嗜好品を一切食べてはいけないわけではありませんが、ストレスをためない程度にとどめておくようにすることが大切です。体重をきちんと管理するということは安産につながります。元気で健康的な赤ちゃんを産むためにも、妊娠中はきちんと食事の管理を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です