妊娠中に必要な赤ちゃんの栄養

妊娠を望んでいるご家族はたくさんいるでしょう。結婚をしたら妊娠をするというイメージも強いですが、誰でも妊娠することができる訳ではありません。子供は授かり物ですのでこればかりはわかりません。最近では不妊症の方も増えてきていて、治療をされている方もたくさんいらっしゃいます。妊娠することができたら、お腹の赤ちゃんのためにきちんと栄養を摂っていくことが大切です。通常時の2倍は食べ過ぎになってしまいますが、意識して摂らなければいけない栄養素もたくさんあります。妊娠中はしていない時よりもさらに食生活には気をつけていかなければなりません。考えて食事を作っていくようにしましょう。

赤ちゃんがお腹にいる時に必要な栄養素とは、まずはカルシウムです。カルシウムは骨を作るために大切なものですので、積極的に摂るようにしましょう。牛乳や小魚に多く含まれています。次に、葉酸です。葉酸は、胎児の体を作るための大切な栄養素です。主に野菜やフルーツに多く含まれていますが、必要な量を摂取することはとても難しいです。葉酸の場合はサプリメントが大変便利です。産婦人科でも購入することができますのでぜひ利用しましょう。その他には、鉄分も大切です。鉄分は血液を作るものですので、積極的に摂っていきましょう。妊婦さんは貧血になりやすいので、特に注意が必要です。ほうれん草や小松菜などを毎日食べるようにしましょう。たんぱく質も大切な栄養素です。赤ちゃんの脳や皮膚になりますので、意識して食べるようにしましょう。インスタント食品はできるだけ控えるようにしましょう。
業務用に出回っている青果を仕入れて栄養補給しましょう。

妊娠中はお母さんが健康であることが大切です。万が一病気になってしまうと、お母さんにとっても辛いですしお腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼしてしまうことがあります。健康であるためには、毎日規則正しい生活を送っていくことが大切です。早寝早起きはもちろんのこと、毎日の食事を3食きちんとバランス良く食べるようにしましょう。妊婦だからといってだらだら過ごすのはよくありません。つわりが終わって安定期に入ったら、適度な運動をするようにしましょう。ウォーキングなどの有酸素運動がいいでしょう。産婦人科でもマタニティーヨガなどのレッスンを行なっているところもあります。妊娠は赤ちゃんをお腹の中で育てていく大切な時期です。無理をしないように過ごしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です