妊娠中に必要な栄養とは?

妊娠するとお母さんが摂取した栄養が胎盤を通って直接赤ちゃんにも届くようになるため、今まで以上に食事に気をつける必要があります。妊娠初期は人によってはつわりが酷く、同じ食べ物しか受け付けなかったり、食べても吐いてしまったりなど食事に気をつけるどころでは無い人も居ます。ですので、つわりの時期に無理に栄養をとろうとしなくても大丈夫です。脱水症状を防ぐために水分はなるべく摂取するべきですが、辛い時は無理せずに安静にすることが大事です。

食事が出来るようになってから必要な栄養素の一つに葉酸があります。葉酸とは、水溶性のビタミンB群の一種で、タンパク質や核酸の合成に働き細胞の生産や再生を助け、体の発育を促してくれます。お腹の中の赤ちゃんにとっては必要不可欠と言えます。葉酸が多く含まれてる野菜は、ブロッコリー、枝豆、ほうれん草、モロヘイヤ、かぼちゃなどです。緑黄色野菜に多く含まれてることが多いのですが、納豆や焼き海苔など調理せずそのまま食事に使いやすい食品もあります。それでもなかなか厚生労働省が推奨している一日の摂取量には届きません。そこで便利なのがサプリメントの活用です。もちろん食事から摂取することが望ましいので補助的な意味でプラスするのが良いでしょう。妊娠中の必要な栄養素でもう一つ大切なのは鉄分です。妊娠中は貧血になりやすく、これのほとんどが鉄分が不足してなる鉄欠乏性貧血です。妊娠中は胎児に優先的に鉄分が運ばれます。特に妊娠後期には分娩に備えて血液量が増えますがヘモグロビンの量は増えないため、血液が薄くなって貧血が起こりやすくなります。鉄分が多い食品は、レバー、ひじき、小松菜、納豆、豆腐などです。日本人の成人女性はもともと貧血気味の人が多いのですが、妊娠時は胎児に優先的に鉄分が送られるため、より多くの鉄分摂取が必要です。こちらも葉酸同様サプリメントで補うという手もあります。栄養不足を補うために、業務用の農産物をネットで仕入れておくのも有効策です。ただし鉄分は吸収率が低いため過剰になることはまれですが、大量に摂り続けると肝機能障害を起こす危険があるので、1日の上限は40mgを目安にしましょう。

昔は「妊娠中は子どもの分も食べた方がいい」と言われてきましたが、現代は違います。母体のBMI値から割り出した体重の目安をもとに体重が増加しないよう産院から指導があります。マイナートラブルと体重増加に悩まされ、ダイエットを試みる人もいるようですが、産まれてくる赤ちゃんのことを考え栄養のある食事をするよう心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です