妊娠、母体に負担がかからない栄養の取り方

妊娠中のお母さんは赤ちゃんのことも考えて、特に毎日口にする食事や生活習慣など、
何かと気にしやすい時期・妊娠が分かってから以前よりも
注意していると実感するお母さんも多いのではないでしょうか。
赤ちゃんのために、たくさんの栄養を取る為に、無計画に食べてしまったり、
無理に薦められて食べてしまったりすることもあるかもしれません。
確かに赤ちゃんのための多くの栄養素を口にすることは重要ですが、
だからといって母体に負担がかかってしまうような食事の仕方は問題です。
もともと個人差があるので、妊婦学級などで指導される食事の量などは、
目安として受け入れ、自分にあった食事の量や食事のペースをつかむようにすると、
母体にも無理なく負担がない妊婦生活を送る事ができます。
間違っても業務用のお酒は飲まないでください!笑

妊娠が成立すると、以前より食の好みや量が増えたり減ったりといった
症状が現れ始めます。
悪阻の期間は、嘔吐・吐き気などから食事が難しく、脱水症状を防ぐ為、
水分の摂取は欠かさないようにとされますが、
基本的に食べられる場合は食べられるものを食べましょうと指導されることが多いようです。
(母体の状況により差が出ます。)
悪阻が終わった後は赤ちゃんの重要な成長期に入る為、
栄養バランスの取れた適量の食事を取るように薦められます。

しかし食の好みが変わってしまい、以前は口にできた食材が苦手になったり、
適量が食べられなくなってしまった場合は、
食べるペースを変えてみると、お母さんの一日に必要な栄養素を摂取することもできます。
3回食(朝昼晩)を量を変えずに少量を分割して口にしたり、
また逆に食べ過ぎてしまう、体重管理に悩む場合は、栄養バランスを考えた3回食(朝昼晩)を基本に、
カロリーや脂質・糖分を控えたおやつなどで調整をかけるようにします。
腹持ちが良くても「もち」といった食材は大量に食べると一気に体重が増えて
妊婦検診にひっかかってしまうので要注意です。
腹持ちが良い食べ物には納豆・豆腐・鶏むね肉(他の部分は脂肪分が高い部分もあるので注意が必要)
ツナなど、おやつにはヨーグルト・バナナ・りんごなどがあります。
これら食材に妊婦にとって必須と言われている栄養素が含まれている食材を組み合わせて
作る毎日の食事で不安や罪悪感などなく美味しく取る事を
目標に過ごせるといいのではないでしょうか。

妊娠中の食事ペースとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です