妊娠中に気を付けるべき栄養とカフェインの摂取

妊娠中は、母体が摂取したものが胎児に影響を与えます。そのため、妊娠中にしてはいけない食事の仕方や、意識的に摂取した方がいいもの、摂取を控えるべきものなど、食事に関して注意すべきいろいろな点があります。摂取を控えるべき成分のひとつに、カフェインがあります。
それでは、なぜ妊婦はカフェインを控えるべきなのでしょうか。また、どういった物に含まれ、どの程度なら摂取してもいいのでしょうか。

カフェインには中枢神経を刺激する作用や利尿作用、基礎代謝を高める作用などがあります。摂取すると、一種の興奮状態となります。カフェインに含まれているタンニンという成分は、鉄分やカルシウムと結合しやすい性質があり、それらを体外に尿として排出してしまいます。そのため、妊婦が摂取しすぎると貧血状態やカルシウム不足を招くことがあります。
また、胎盤通過性があるため、妊娠中に摂取するとそのままお腹の赤ちゃんに移行します。赤ちゃんは代謝機能が未熟なため、体内にどんどん蓄積されていってしまいます。その影響で赤ちゃんの発育に障害や遅延が起こったり、低体重児になったりする可能性があるとされています。また、過度に摂取した場合は赤ちゃんの早産や死産を招く可能性があるとされています。

では、カフェインはどのような食品・飲料に含まれているのでしょうか。
一般によく知られているのがコーヒーです。ドリップタイプの方がインスタントタイプより含有量は多めですが、どちらにもたくさん含まれています。紅茶や緑茶も含有量の多い飲み物です。ココアやコーラにも含まれています。また妊娠中は疲れを感じやすいため、つい栄養ドリンクを飲みたくなることがありますが、栄養ドリンクの中にはカフェインが含まれている物がありますので、注意が必要です。チョコレートも含有量の多い食べ物です。
しかし、コーヒーや紅茶が好きな人が、全く飲まないようにするのはストレスがたまるものです。実は、摂取の上限値は明確に定められてはいません。コーヒーなら1日で1~2杯程度なら特に問題はないとされていますので、その程度なら飲んでも気にする必要はないでしょう。
赤ちゃんへの影響が気になる場合は、ノンカフェやデカフェなどのコーヒーやお茶、紅茶が市販されていますので、そういったものを利用するのもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です