流産や早産の原因を取り除くために妊娠中に摂りたい栄養とは?

待望の妊娠を無事に継続させるためには、実にさまざまな分野での注意が不可欠であると言えるでしょう。その中でも、毎日摂取する食べ物に気をつけることもたいへん重要な事柄と言えます。
一般的に言って、流産や早産を引き起こす原因の一つは、妊婦の黄体ホルモンが不足することにあると言われています。この黄体ホルモンはプロゲステロンとも呼ばれ、女性の妊娠に大きく関わっている女性ホルモンの一つです。プロゲステロンの重要な役割の中には、受精卵が着床しやすいように子宮の内膜をふわふわとした状態に保つこと、また着床後に妊娠を維持する働きをするといったことがあります。こうした働きがあるため、黄体ホルモンの不足が流産や早産の原因となり得ると言われているのです。
では、妊婦に必要な黄体ホルモンであるプロゲステロンは食べ物で増やすことができるのでしょうか。結論から言えば、黄体ホルモンは体内で生成されるものであるため、その分泌を促進する効果を持つ栄養素を摂取することによって増やすことができるのです。もちろん、この食物を食べていれば絶対に大丈夫といった物はありませんが、日頃から北地に気をつけることには大きな価値があると言えるでしょう。
流産や早産の原因を取り除くために、妊娠中に是非とも積極的に摂りたい栄養素にはいったいどんなものがあるのでしょうか。一つの栄養素はビタミンEです。ビタミンEは、脳下垂体に働きかけることによって女性ホルモンの分泌を促すことができると言われています。また末梢血管を広げることによって血行を良くすることもできるため、妊娠中に避けたい冷え性を予防することもできるでしょう。ビタミンEは油と一緒に摂取することによって吸収率をアップさせることができます。
また妊娠中に摂取したい別の栄養はビタミンCです。もちろんビタミンCそのものがプロゲステロンを生成するわけではありませんが、ビタミンEと一緒に摂取することによって抗酸化力を高めることができます。
加えて、妊娠中には亜鉛を意識して摂取することもできるでしょう。この亜鉛には、免疫力を高めたり新たな細胞を作ったりする働きがあることに加えて、女性ホルモンの分泌を活発にする働きがあることで知られています。加工食品を頻繁に食べていたり、偏食の傾向があるような場合には、この重要な亜鉛が不足してしまう可能性があるため、日頃の食生活には十分な注意を払うことが必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です