妊娠中は栄養が大事!マタニティの食生活

妊娠初期は、つわりなど、体調の変化も起こりやすくなります。つわりの期間はとにかく食べられるものを食べたり、無理をせずに過ごすということがポイントになってきますが、それ以降の食生活というのは、やはり栄養管理などもしっかり行わないと、胎児の成長にも影響してきてしまいますので、注意が必要です。妊娠中に起こるつわりの対処方法
妊活を行っている時から重要な栄養素として挙げられている葉酸は、サプリメントなどでも手軽にとることができます。普段の即時でなかなか十分な量を摂取することが難しいこともありますので、サプリメントなどを利用していくと良いでしょう。
葉酸は、妊娠中に摂取することによって、十分な血液を作ることができますし、細胞の働きもより活発になりますので、奇形児になるリスクを減らすこともできます

マタニティの食生活として、中期以降は特に胎児の成長に伴い、貧血なども起こりやすい状態になっていきます。血液検査なども行うのですが、その際貧血になってしまっていますと、鉄剤の処方がされることもありますが、できれば普段の食生活の中で摂取していきたいものです。マタニティの食生活として、鉄分が多く含まれている食べ物として、レバー、小松菜、プルーンなどを挙げることができます。妊娠したら積極的に摂取していきたい食べ物でもあります。

卵は栄養が豊富なので、業務用のものを仕入れておきましょう。

妊娠後期になりますと、胃腸が圧迫されて便秘になりやすくなるという傾向があります。これは多くの方が感じていることで、病院では漢方の便秘薬などを処方してもらうこともできますが、食物繊維が豊富なものを摂るように心がけるようにしましょう。また、妊娠高血圧症候群になりやすいので、塩分はいつもよりもかなり控えるように心がけることも必要です。たとえば納豆のたれを半分にしたり、みそ汁の味噌の量も減らしたりといったようにです。またドレッシングなどもできるだけ少なくして、レモンなどを使ったりして自然の味で召上るようにしていきます。
体重増加にも影響が出てしまう時期ですので、糖分や脂っこいものもできるだけひかえてカロリーも少し気を付けて食べるようにしましょう。
食生活ではこのように、妊娠中特に気を付ける事というのがいくつかあります。ウォーキングなど適度な運動を組み合わせながら、楽しく乗り越えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です